チャイルドシートの正しい使い方をマスターしよう! ポイントを解説

チャイルドシートの正しい使い方をマスターしよう! ポイントを解説

1.チャイルドシートはいつから使うべきか?

「いつからチャイルドシートを使うべきなのか」「なぜ必要なのか」と疑問を感じることが多いでしょう。まずは、チャイルドシートの使い方で大切なポイントを押さえておきたいと思います。

1-1.チャイルドシートは乳幼児の体を守るために必要

チャイルドシートは、車の走行中に生じる危険から幼児の身を守るために安全ベルトがついた幼児専用の座席です。チャイルドシートにきちんと乗せて走行したときと使用していないときを比較すると、なんと、使用していないときの致死率が30倍になるといわれています。2004年4月の道路交通法改正により、6歳未満の乳幼児はチャイルドシートの着用が義務化されました。そのため、公共交通機関のタクシー以外は、たと友人の車でも赤ちゃんをチャイルドシートに乗せなければなりません。

1-2.チャイルドシートは新生児から必要

「いつからチャイルドシートに乗せるべきか?」という疑問が最も多いのですが、まだ体が発達していない赤ちゃんにとって、車の振動はとても大きく、チャイルドシートで軽減しなければなりません。前述したとおり、法律で6歳未満の幼児は着用が義務づけられているため、新生児からチャイルドシートの着用が必要となります。「まだ赤ちゃんだから」「膝の上に乗せるから大丈夫」という理由で、チャイルドシートを使わないのは非常に危険なので、絶対にしないでくださいね。

1-3.チャイルドシートの主な種類と特徴をチェック!

チャイルドシートにはさまざまな種類があり、それぞれ異なる特徴があることをご存知でしょうか。チャイルドシートと呼ばれているものは、子ども用のカーシートの総称です。実際の製品としては、以下のような分類がされているのでぜひチェックしてください。

  • 新生児・乳児用ベビーシート:新生児から1歳ごろまで使用する
  • 幼児用チャイルドシート:1~4歳まで使用する
  • 学童用ジュニアシート:3,4~6歳ごろまで使用する

大まかな分類は上記のとおりですが、ほかにも1歳半~4歳ごろまで使用できるベスト型・簡易型のチャイルドシートもあります。ベスト型や簡易型は、旅先などで使えるセカンドシートとして大活躍するでしょう。しかし、2012年に施行された新安全基準には適合しないため、構造的にも安全性を追求したものとはいいにくいのが現状です。

2.チャイルドシートの正しい使い方

それでは、チャイルドシートの正しい使い方と月齢別のポイントを解説します。

2-1.設置場所は後部座席が基本

チャイルドシートの設置場所は、車の後部座席が基本です。運転中でも手を伸ばせる助手席に設置している方を見かけますが、助手席は事故の影響を受ける確率が高いので設置しないでください。特に、エアバッグつきの場合は、エアバッグの衝撃を子どもがそのまま受けてしまうことがあります。設置するときは、シートベルトできちんと固定することが大切です。固定されていない状態では、チャイルドシートそのものの機能を果たしません。具体的な設置方法は、チャイルドシートの種類によって異なるため、取扱説明書を一読しておきましょう。

2-2.赤ちゃんを正しい姿勢にする

チャイルドシートに乗せる子どもの角度は、水平から約45度の角度が理想だといわれています。この角度は、子どもにとって最も負担がかからない姿勢になるのです。特に、乳児の場合は、頭が前かがみにならないよう、気道の開通を妨げないようにするために必要な角度となります。首がすわるまで乳児は約45℃の角度を保たなければなりません。もし、45℃まで達しない場合は、タオルなどをチャイルドシートの下に入れて角度を調節しましょう。

2-3.月齢別の使い方ポイント

生まれたばかりの新生児は、チャイルドシートの取付方向が決まっています。日本小児科学会によると、「衝突時の頚椎(けいつい)損傷を減らすため、少なくとも1歳をすぎ、かつ体重が10kgを超えるまで子どもは進行方向後向きに乗せる」と推奨しているのです。チャイルドシートの背中部分は広い面積を持っているので、新生児の頭・首・首全体を支えることができます。
また、身長140cmぐらいまではシートベルトが正しい位置で着用できません。そのため、学童用シートを活用し調節します。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所