母乳

母乳育児成功の秘訣を紹介!
母乳不足やトラブルの解消法とは?

「母乳が出なくて困っている」「赤ちゃんが思うように飲んでくれない」・・・あなたのその悩むその気持ち、よく分かります。「赤ちゃんが生まれたら母乳で育てたい」と思っているお母さんは多いでしょう。しかし、誰しもが問題なく母乳育児ができるわけではありません。母乳育児に悩むお母さんもたくさんいるのです。そこで、この記事では、そんな悩みを解決するために母乳不足の解消法や母乳育児成功のコツなどを解説します。

この記事を読んで、楽しみながら母乳育児をしましょう。

01. 母乳の基礎知識を学ぼう

まずは、母乳にかんする基礎知識を解説します。母乳が出る仕組みや成分はどのようなものなのでしょうか?

1-1.母乳はお母さんの血液

母乳のもとはお母さんの血液です。乳房の中にある乳腺には乳腺房という袋がたくさんあり、その周りを血管が取り囲んでいます。この血管に流れている血液が母乳ホルモンの働きで母乳に変化するのです。母乳の成分はタンパク質などの栄養素や白血球などとなっており、赤ちゃんの免疫機能を高める効果があります。

1-2.「初乳」には抗体がたくさん含まれている

赤ちゃんは、生まれたときにはまだ抵抗力がありません。そこで、赤ちゃんを守るために、お母さんが代わりに抗体を多く含んだ母乳を分泌します。このときの母乳を「初乳」と言い、出産後1時間以内の母乳には、この抗体が最も多く含まれているのです。そして、5日間ほどは抗体をたくさん含んだ初乳が分泌され、次第に普通の母乳へと変わっていきます。もちろん、5日以上たった母乳に抗体がなくなるわけではありません。新しく体に入ってくるばい菌に対する抗体をどんどん作り、母乳をとおして赤ちゃんを守ります。

1-3.母乳が出る仕組みは?

赤ちゃんを出産した後、お母さんの体ではホルモンの一つである「プロラクチン」と「オキシトシン」が分泌されます。プロラクチンの働きによって、乳腺にある腺房という部分で母乳が生成されるのです。そして、オキシトンが、できあがった母乳を乳糖まで押し上げる働きをします。母乳が出る仕組みは実に不思議なもので、赤ちゃんがおっぱいに吸い付くことで刺激になり、子の感覚がより多くの母乳を出すように働くのです。

そのカテゴリーで訪れる価値のある場所
遠回りしてでも訪れる価値のある場所
そのために旅行する価値のある場所